レーシックで失敗しないために » Q&A » レーシック手術で視力1.5以上に…

『レーシック』関連のコンテンツ・記事

  1,479 views

質問
レーシック手術で視力1.5以上になりますか?

回答

レーシック手術というものは、目の治療をする手術とは異なり、目に入ってくる光の屈折率を変えるための手術です。
つまり、コンタクトレンズを目につけるよう [...]

レーシック手術で視力1.5以上になりますか?の詳細を見る

  3,586 views

質問
斜視の手術をうけてからレーシック手術をうけたほうがいいんですか?

回答

斜視の方でもレーシックは受けられます。レーシックの手術後でも斜視手術は可能ですが、だいたい6ヶ月くらいは期間をあける必要があるよ [...]

斜視の手術をうけてからレーシック手術をうけたほうがいいんですか?の詳細を見る

  1,332 views

角膜リングとは
角膜リングとは、イントラ角膜リングのことであり、円錐角膜が原因でレーシックの効果が期待できない方に適した施術方法のことです。角膜内に半円のリングを挿入して、角膜の形状を変えて近視・乱視を治療します。以前の [...]

角膜リングの詳細を見る

  2,105 views

結膜浮腫とは
結膜浮腫とは、白目がゼリー状にふくれた症状を言います。白目の表面の結膜の下に水がたまったものです。白目の表面には結膜という透明な膜がありますが、もともとこれは白目の表面にピッタリついているわけではなく、少し [...]

結膜浮腫の詳細を見る

  2,218 views

フルオロメトロンとは
フルオロメトロンとは、ステロイドの目薬です。ステロイドには炎症をとる強い作用があります。炎症による腫れや赤みをおさえ、かゆみや痛みを和らげます。炎症性の目の病気、例えば結膜炎、角膜炎、ブドウ膜炎、手 [...]

フルオロメトロンの詳細を見る

  1,246 views

屈折異常とは
屈折異常とは正視以外の目の屈折状態のことで、非正視とも言います。目が無調節の状態で遠方を眺めているとき、遠方からくる平行光線が正しく網膜に結像する場合、これを正視と言います。屈折異常があると、遠方からの平行 [...]

屈折異常の詳細を見る

  1,527 views

ヘイズとは
ヘイズとは、強度近視でPRK手術を行った後に起こりやすい合併症のことです。角膜中央部に白く濁ったような混濁が生じて白くぼんやり見え方になり、視力が上がらない状態です。通常、目薬等による治療で徐々に消失します。 [...]

ヘイズの詳細を見る