レーシックで失敗しないために » 用語集 » iFSイントラレーシック

『フラップ』関連のコンテンツ・記事

  994 views

iFSイントラレーシックとは
レーシックの種類の一つ。近視・乱視が強い方、激しいスポーツをされている方、瞳孔が大きめの方にオススメの術式です。最新のiFSイントラレースレーザーは、レーザーの照射スピードが格段に速くなり、 [...]

iFSイントラレーシックの詳細を見る

  1,018 views

Epi-PRKとは
エピケラトームと呼ばれる器機を使用して約50マイクロメートルの角膜上皮のみの薄い蓋(フラップ)を作成し、エキシマレーザーを照射することによって近視・遠視・乱視を矯正するレーシックの術式の一つであり、表 [...]

Epi-PRKの詳細を見る

  1,190 views

質問
術後、フラップはどうなるのですか?

回答
治療後、眼の状態が落ち着つけば、一般的な生活などでフラップがずれたり、剥がれたりということはまずありません。ご安心下さい。

術後、フラップはどうなるのですか?の詳細を見る

  865 views

質問
イントラレーシックとレーシックは何が違うのですか?

回答
レーシック、イントラレーシックは両方とも角膜上をスライスしてフラップ(ふた)を作り、施術を行います。ただし、レーシックとイントラレーシックはそ [...]

イントラレーシックとレーシックは何が違うのですか?の詳細を見る

  866 views

質問
手術の跡は残るの?

回答
基本的に肉眼で判別できるような跡は、まず残りません。まれにフラップの跡が角膜の表面に残る場合もありますが、顕微鏡レベルでしか識別できないほど微細なものです。なお、手術の際に、 [...]

手術の跡は残るの?の詳細を見る

  863 views

質問
イントラレーザーやウェーブフロントは、どのように使用するのですか?

回答
イントラレーザーは、フラップ作成の行程をすべてコンピュータ制御で行います。フラップの厚み・大きさ・ヒンジ部分(角膜とフラップを [...]

イントラレーザーやウェーブフロントは、どのように使用するのですか?の詳細を見る

レーシック クリニック » フラップ

  1,292 views

参宮橋アイクリニックは、1983年に屈折矯正手術の専門医療機関として創立された眼科です。視力向上を通じ、職業選択の幅を広げるため、近視手術一路26年を迎えました。この度、おかげ様で当院は近視手術のパイオニア医療機関として27周年を迎えることができました。

参宮橋アイクリニックの詳細を見る