レーシックと老眼について:「老眼もレーシックで治療できるのか」そんな疑問を抱いている方や、老眼でお困りの方への情報です。

レーシック手術といえば主に近視の治療というイメージがありますが、その技術を使って老眼の治療を行っているクリニックもあります。
老眼も治療できるのか?という疑問が多く見受けられますので、このページで「レーシックと老眼について」をまとめてみました。

老眼とは

老眼(正式名称は「老視(ろうし)」)というのは、加齢によって目の水晶体の弾力性がなくなってしまい、近くのものに焦点が合わなくなってしまう障害のことを言います。

一般的に老眼の自覚が出てくるのは40代から60代初めです。実際のところ20歳前後から目の調整力(筋力)は弱くなりはじめて、老眼の症状が出てくることもあるようです。ただ、パソコンの画面や本、携帯電話を見るときの距離がだいたい30cm前後で、その距離に焦点を合わせにくくなってしまうのが40代以降になることが多いと言われています。
手に持っているものに書いてある文字が読みにくくなったとき、「老眼」という自覚が強くなります。

老眼にレーシックは効果があるか

老眼にお困りで、レーシック手術を受けて視力の回復ができないかとお考えになる方も多いと思います。確かに、レーシック手術を受けると近視・乱視・遠視などの症状を改善することは可能ですが、老眼についてはどうでしょうか。

レーシック手術というのは簡単に言うと、目の角膜にレーザーを当てて削ることで焦点を調整する技術なので、老眼の原因となっている水晶体の機能低下によって起きる焦点のズレは、現状では修正することができません。

老眼のための治療技術

老眼の治療にレーシックそのものは効果がありませんが、レーシック手術をしている眼科が、その技術を使って老眼の治療も行っています。レーシック手術の進化した形として老眼回復・老眼治療が可能になっています。

ここでは、レーシックの技術を使った老眼治療の方法のうち、代表的な2つの老眼治療方法を紹介したいと思います。

1.老眼治療CK(Conductive Keratoplasty:伝導式角膜形成術)

老眼治療CKとは、アメリカにあるRefractec社で開発された技術を使った老眼の治療法です。アメリカ食品医薬品局より認可を受けている技術で、レーシックのように角膜を削ったりせずに治療を行います。

老眼治療CKは、目の角膜にラジオ波と呼ばれる高周波を当てて、角膜の組織を縮ませることで、角膜の中央部分のカーブを調節して目を矯正する技術のことを言います。

この老眼治療CKを施すと、目を傷つけることなく手術ができるだけでなく、すでに経験した方の多くは老眼鏡をかけなくても新聞を読むことができるまでに視力が回復しています。

2.カメラインレー(KAMRARInlay)

カメラインレーという老眼治療方法は、レーシックと同様にレーザーで角膜を切って、内部にカメラインレーと呼ばれるコンタクトレンズよりも小さいリング状のレンズを挿入する手術を言います。

老眼治療時に角膜内に入れるカメラインレーと呼ばれるものは、直径3.8㎜・厚さ5ミクロン(1ミクロン=0.001ミリメートル)という小さなレンズです。カメラインレーの中央部分には小さな穴が開いていて、ピンホール効果で近くのものがキレイに見えるようになります。

老眼治療をしているクリニック

レーシックを扱っているクリニックで、老眼の治療も専門的に行っている眼科もあります。老眼治療を受けるにあたって必要になる説明や検査を無料で行っていますので、もし老眼でお困りでしたら、一度、レーシックを行っているクリニックへ相談してみることをお勧めします。

スポンサードリンク