核性近視

核性近視とは

核性近視(かくせいきんし)とは、高齢になってから発症する近視です。老人性白内障が発生すると、同時に近視になってしまうことがあり、その状態を核性近視と呼びます。

核性近視は、主に高齢者がかかる目の病気である「白内障」に伴って起こる近視状態です。

灰色などに濁って物がかすんで見えたりボヤけて見えてきた場合、それは「白内障」かもしれません。

核性近視と白内障

核性近視と白内障はペアになっている症状です。高齢者が白内障を発症すると、それと同時に近視になることが多いからです。

場合によっては、片方の目だけ核性近視になることもあるそうです。

白内障の原因として考えられているのは、目に入ってくる光を屈折・調整する水晶体の異変です。

水晶体を構成しているタンパク質が変性してしまい白っぽく濁ってしまうことを「白内障」と言います。しかし、水晶体が濁る原因など、白内障の根本的な原因は未だに解明されていません。

核性近視も同時に発生してしまうことが多いですが、核性近視の場合はレーシックなどによる治療を受けることができず、効果的な治療方法は現在のところありません。

「近視をレーシックで治療する」にもどる

スポンサードリンク