軸性近視

軸性近視とは

軸性近視(じくせいきんし)とは、角膜や水晶体から網膜までの距離が長いために、焦点が網膜の手前にきてしまう症状をいいます。大げさに言うと、横から見たら眼球がラグビーボールのような形になっている状態です。

軸性近視の場合、光を屈折させる角膜や水晶体には問題がないのですが、いくら光を正常に屈折させても網膜に届かないので、視界がボヤけてしまいます。

眼鏡やコンタクトレンズによって、目に入ってくる光の角度を調整することで軸性近視は補正できますが、根本的な解決にはなっていません。

軸性近視の原因

軸性近視の原因のほとんどが遺伝と言われています。

他にも成長期の子供に見られたり、偏った食生活や照明の環境などによって起こるとも言われています。

軸性近視は近視の大半を占めている症状で、遺伝や成長によってはあまり目に負担をかけずに済む場合がありますが、ひどくなると網膜剥離や眼底出血などの原因にもなります。

軸性近視をさらに悪化させない、進行を軽くするためのトレーニングや生活習慣があるので、適度に目を休めるなどをして軸性近視が進みにくい生活を心がけましょう。

「近視をレーシックで治療する」にもどる

スポンサードリンク