屈折性近視

屈折性近視とは

屈折性近視(くっせつせいきんし)とは、眼球にある角膜や水晶体が厚くなって光の屈折率が高くなることで、網膜よりも手前に焦点があってしまう状態の近視を言います。

通常、目に入ってくる光を角膜や水晶体が適度に屈折させて網膜に焦点を合わせることで物がくっきりと見えるようになっているのですが、屈折性近視の場合は、水晶体が適度に厚みを調整されないのでものがボヤけてみえるようになってしまいます。

屈折性近視になってしまう原因の一つとして挙げられるのは、パソコンやゲーム、テレビなどを長時間近づいて見続けることによる水晶体の調整不良です。

近くにあるものを見ているとき、水晶体の厚みを調整している毛様体筋と呼ばれるものが伸びた状態になり、それによって水晶体が厚くなります。

長時間近くにある物を見た状態が続いてしまうと、この毛様体筋の動きが鈍くなり、そのまま水晶体が固まってしまいます。

この状態になると、水晶体が適度に光を屈折させることができなくなってしまうため、眼鏡やコンタクトレンズといった補正用具が必要になってきます。

屈折性近視の対策

屈折性近視の主な原因は長時間近くを見続けることによるものなので、屈折性近視の対策としていえるのは、長い時間パソコンやゲーム、テレビや読書などを続けず、適度に遠くを見たりして、毛様体筋の緊張をほぐすことが一番です。

屈折性近視は仕事や生活すたいるからくる症状といっても過言ではありません。逆に、普段から気をつけているだけで防げる症状とも言えるでしょう。

「近視をレーシックで治療する」にもどる

スポンサードリンク