ICR手術

ICR手術とは

ICR手術とは、「Intra Corneal Ring」手術の略で、角膜にリングを埋め込んで光の屈折率を調整して近視を矯正する手術を言います。

日本語では「角膜実質内リング」と訳されています。

角膜に埋め込まれたリングはシリコンでできていて、そのリングの反発力(広がろうとする力)を使って角膜の厚みを調整します。

ICR手術は角膜自体を削ったり加工をする手術ではないため、軽度の近視や遠視を矯正するのに適した手術です。埋め込んだリングを外す元の状態に戻せるのが特徴と言えます。

ICR手術の欠点

ICR手術はリングを埋め込んで角膜の厚みを調整するため、合併症の問題が指摘されています。

また、強度の近視や遠視にはあまり効果が無く、乱視の方は手術を受けることができません。

現在では他の近視治療手術に比べて取り扱っている眼科や医療機関が少ないので、症例が少ないことも欠点と言えるでしょう。

「近視をレーシックで治療する」にもどる

スポンサードリンク