PRK手術

PRK手術とは

PRK手術とは、Photorefractive Keratectomy 手術の略で、メスを使わずにエキシマレーザーと呼ばれる混合ガスでレーザーを発生させる装置を使って、目の角膜の厚みを調整する手術のことをいいます。

PRK手術は日本語で「光学的角膜切除術」と訳されます。

RK手術が開発されたのちに生まれた近視治療の方法で、1980年代にアメリカで開発されたエキシマレーザーを初めて使った視力回復手術です。

PRK手術は、角膜の中央部にレーザーを当てて角膜の一部を削ることで光の屈折を調整して近視を矯正します。

レーシックとの違いは、フラップと呼ばれている円形の蓋を作らない点です。

フラップを作らないので手術後にフラップがずれる心配がありません。スポーツ選手や格闘技選手に合った近視の治療法と言えます。

PRK手術の欠点

PRK手術では、上でご紹介したようにフラップを使用していません。

そのため、レーザーで角膜を削ったままの状態になってしまうので、角膜の上皮が回復するまでに時間がかかってしまいます。

その間、専用のコンタクトレンズを着用して外部の刺激から目を守る必要があります。また、角膜が薄くなってしまうことから、光が眩しく感じられたり、場合によっては痛みすら感じることがしばらく続いてしまいます。

PRK手術後に角膜の上皮が回復するまでだいたい3~5日かかるため、異物感や不快感が生じます。回復する期間やその間の症状には個人差がありますが、レーシックと比べるとリスクが大きいと言えるでしょう。

「近視をレーシックで治療する」にもどる

スポンサードリンク