RK手術

RK手術とは

RK手術とは、Racial Keratotomy手術の略で、眼球の角膜の中心から放射状に切れ目を入れて、光の屈折率を調整して視力を回復させる手術です。

目に放射状にメスを入れることから「放射状角膜切開手術」と訳されています。

RK手術は、レーシックが開発される前からある視力回復の手術で、視力回復手術の中ではもっとも歴史の長い方法です。

RK手術が成功したときは、画期的な近視矯正手術として全世界に急速に普及しました。

RK手術を受けた人の多くは視力が回復したそうですが、その回復の度合いはまちまちで個人差があるようです。

RK手術の欠点

RK手術はメスを使って角膜を切開するため、手術を行う執刀医に高い技術が必要になることと、放射状に切り込みが入ることで角膜の強度が弱くなってしまうという欠点があります。

また、メスを使って手術を行うため、感染症などが発症するケースもあったようです。

「近視をレーシックで治療する」にもどる

スポンサードリンク