レーシックで失敗しないために » 近視とレーシック

近視をレーシックで治療する

近視とレーシック

近視は視力低下の原因としてもっとも多い症状です。

レーシックで何を期待するかというと、もちろん視力の回復ですよね。近視の治療のためにレーシックを受ける方がとても多いのは全体数からすると当然のことと言えます。

近視の仕組み

眼鏡やコンタクトレンズを着用するのは、近視の治療ではなく補正に近いと思いますが、現在はこう言った手段で生活に支障のないように視力を調整するのが一般的になっています。

近視は、目に入った光が適度に調整されることなく網膜の手前に集まってしまい、見ているものの焦点がずれてしまうことを言います。

つまり、近視は屈折異常なのです。

平行に入ってきた光が、本来なら目の角膜や水晶体によって網膜に集まるように調整されるのですが、角膜や水晶体が何らかの原因でうまく働かなかくなってしまっている状態です。

ひとことで「近視」と言っても近視にはいくつかの種類があります。

それぞれ原因は違いますが、症状としては上で述べたように網膜よりも手前に光が集まってしまうことで起こる焦点のズレが「近視」と呼ばれている症状です。

レーシック以外の近視の治療法

近視はレーシック以外の方法で治すことができないのでしょうか?

レーシックは現在、近視の治療法としては他の手術よりも知名度が高く、経験者も多数います。

レーシック以外の近視治療には、

があります。

手術以外にもトレーニングによる近視の回復方法がありますが、こちらに関しては民間療法ということもあり、医学的な根拠はありません。

レーシックは、手術によって角膜の屈折を矯正する手術のことで、近視の原因に近いところを触るという点では、一番的確な処置と言えるでしょう。

しかし目を手術するので、それ自体に抵抗を感じてしまう方も多いようです。そのため、従来からある眼鏡やコンタクトレンズによる近視の補正が一番多いです。

スポンサードリンク