レーシックで失敗しないために » レーシック クリニック » 順天堂大学医学部付属順天堂医院

順天堂大学医学部付属順天堂医院

1,487 views

病院・クリニック概要

順天堂の前身は、始祖の佐藤泰然(1804~1872)が天保9年(1838)に両国橋の薬研堀に開いた蘭学塾にさかのぼります。
その後、新たに佐倉の地に塾を開いて順天堂と号したのが天保14年(1843)のことであり、170年以上の歴史があります。
昭和18年に佐藤勉が初代眼科教授に就任し、近視眼や乱視眼に対して角膜前後面切開を行ったこの研究は今日の屈折矯正手術に大きな影響を与えました。昭和27年にはアメリカで開発されたコンタクトレンズをわが国で最初に導入しています。
平成元年に金井淳が教授に就任し、研究テーマは角膜や網膜疾患の分子遺伝学的研究、免疫抑制剤の点眼への応用とアレルギー疾患への研究、エキシマレーザーによる屈折矯正手術、コンタクトレンズ、スポーツ眼科など多岐に亘っています。
そして、平成15年1月に村上晶が教授に就任し、現在の新しい眼科学教室がスタートしました。

電話番号03-3813-3111
郵便番号113-8431
住所東京都文京区本郷3-1-3
診療時間毎週金曜(午前)
ホームページ詳細はこちら

レーシック関連情報

屈折矯正手術は、エキシマレーザーを使った「PRK」、「LASIK」の2種類を実施しています。

順天堂大学医学部付属順天堂医院の地図

東京都文京区本郷3-1-3

スポンサードリンク

口コミ・コメントを投稿する