屈折異常

1,245 views

屈折異常とは

屈折異常とは正視以外の目の屈折状態のことで、非正視とも言います。目が無調節の状態で遠方を眺めているとき、遠方からくる平行光線が正しく網膜に結像する場合、これを正視と言います。屈折異常があると、遠方からの平行光線が網膜上で正しく像を結ばず、遠方の物がぼやけて見えます。この屈折異常には近視、遠視、乱視などがあります。

スポンサードリンク

口コミ・コメントを投稿する