過矯正

900 views

過矯正とは

視力を矯正し過ぎてしまうこと。視力の矯正は、メガネ、コンタクトの装着またはレーシック手術を受けるなどして行います。しかし、裸眼視力に適した度のレンズを使わなかったり、急激に視力を向上させるような手術を受けるときに過矯正が起こります。この状態で目を使うと、目に過度の負担を強いることになり疲れや頭痛や肩こりなどの症状を引き起こします。

スポンサードリンク

口コミ・コメントを投稿する