飛蚊症

1,182 views

飛蚊症とは

飛蚊症(ひぶんしょう)とは、目の疾患のひとつで、視界に糸くずや黒い影、蚊のようなものが見えて視点を変えるにつれ、それが動き回るように感じる症状のこと。明るい場所で白いものや空を見た場合にも見えることがあります。目の内部を満たす硝子体が混濁が主な原因で、加齢により自然発生します。飛蚊症自体は目の機能に問題はありませんが、網膜剥離の初期症状や糖尿病網膜症の症状として現れることもあるので、気になる場合は眼科の受診しましょう。

レーシックの手術で飛蚊症を治すことはできませんが、飛蚊症の方もほとんどの場合レーシック手術を受けることができます。また、レーシック手術を受けた後に飛蚊症になる方もいらっしゃいます。

スポンサードリンク

口コミ・コメントを投稿する