白内障

960 views

白内障とは

白内障とは、眼球内の水晶体が灰白色や茶褐色ににごり、物がかすんだりぼやけて見えたりするようになる症状のこと。45歳以上の中年に多く発症し、年齢が上がるにつれて発症する人の割合は多くなります。80歳以上の高齢者はほとんどの方が何らかの形で白内障の症状を引き起こしていると言われています。進行の速さには個人差がある上、必ずしも目が見えづらくなるといった症状に至るわけではありません。そのため、水晶体が白く濁ることは、病気ではなく皮膚のシミや皺などと同じく老化の一環であるという考え方もあります。治療の方法としては薬剤治療と手術の2種類があります

レーシック手術を受けられる方に特に注意が必要なのは、白内障の手術をする場合には、レーシック手術を行う前の目のデータが必要になる、ということです。レーシック手術を受けたクリニックで手術前後の情報を入手したうえで白内障手術を受けなければなりません。レーシックの手術を受ける際には、将来もきちんと営業してそうなしっかりとしたクリニックを選ぶ必要があるでしょう。

スポンサードリンク

口コミ・コメントを投稿する