Epi-PRK

1,011 views

Epi-PRKとは

エピケラトームと呼ばれる器機を使用して約50マイクロメートルの角膜上皮のみの薄い蓋(フラップ)を作成し、エキシマレーザーを照射することによって近視・遠視・乱視を矯正するレーシックの術式の一つであり、表面照射という術式に分類される術式のこと。他の表面照射の屈折矯正手術と同様にボーマン膜をレーザーで除去し、角膜実質層を削ることで視力を回復する。

スポンサードリンク

口コミ・コメントを投稿する